格安SIMのスマモバみたいにSIMを借りて海外旅行をする

海外でネットを使う方法

国内では、大手キャリアの他にスマモバのような格安SIMでスマホを利用できるという会社が増えています。海外旅行でネットを使う方法にも幾つかの種類があり、最近では現地のSIMをレンタルするという選択肢も出てきました。

海外でネットを使う方法

  • 無料のwifiスポットを利用してネットに繋ぐ
  • 契約しているキャリアで海外用パケットプランに入る
  • 海外用のwifiルーターやスマホを国内でレンタルする
  • 現地のSIMカードをレンタルして自分のスマホを使う

格安SIMのスマモバみたいにSIMを借りて海外旅行をする

携帯電話

それぞれの特徴を確認しよう

自分にとってどの方法が便利か、どの方法が楽で安全かを考えるためにも、特徴を把握しておくといいでしょう。海外のwifiスポットを利用すると無料ではありますが、悪用されると個人情報を抜き取られる危険性があります。また、ホテルや観光地といった特定の場所でしか使うことができない場合も考えておきましょう。

手軽だけど注意が必要

準備が手軽にできるのは、キャリアの海外用パケット定額を利用するという方法でしょう。ただ、現地の基地局がキャリアと提携を結んでいない場合は、高額なパケット代金が発生する可能性もあるので注意が必要です。スマモバなどの格安SIMも国際ローミングのサービスを提供しています。

手配する手間がある

手配に手間がかかるのが、wifiルーターをレンタルする方法や現地のSIMを利用する方法です。事前の申し込みや受け取りが必要となります。ルーターの場合は自分のスマホ以外にも使えるという特徴があるので、タブレットを持ちたい人には便利でしょう。

SIMを交換する手順を知っておこう

スマホがSIMフリーか確認する

スマホにはSIMロックがかかっています。購入したときのキャリアでSIMロックを解除方法を確認して、他のSIMを使えるようにしておく必要があります。また、別のSIMを入れる前に端末の周波数を調べましょう。電波を繋げるのには周波数をあわせる必要があります。

取り外してみよう

スマホやタブレットのSIMは、大きくわけて3つの部分に入っているので確認しましょう。バッテリーを外したときに見えたり、端末の側面にスロットがあったり、小さく空いた穴にピンを差し込んで出てきたりします。外す時は電源を切ってから行いましょう。

サイズを確認しよう

SIMカードの大きさは主に、標準、マイクロ、ナノの3つに分けることができます。標準のSIMカードは約2センチくらいの大きさがあり、マイクロSIMは端子の周りに余白があります。小さくて余白が少ないものがナノSIMといえるでしょう。

SIMを差し替えて設定する

新しいSIMを挿入したらAPN設定を行って使えるようにしましょう。端末によっては、Wifiが使える環境化で設定する必要がでてきます。現地でSIMを購入した場合、ショップでこの手続を行ってくれることもあるでしょう。取り出したSIMはしっかりと保管しましょう。

広告募集中